鬼に金棒 刺繍ワッペン[赤鬼]ペア

WS-f6180
WS-f6180
WS-f6180
WS-f6180
WS-f6180
WS-f6180
WS-f6180
WS-f6180
WS-f6180
WS-f6180
商品番号:WS-f6180

鬼に金棒 刺繍ワッペン[赤鬼]ペア

[赤鬼A+金棒B]ペア1組セット
在庫状態:在庫有り
¥950(税別)
数量

昔話の赤鬼登場!金棒セット¥950

[赤鬼と金棒]刺繍をワッペン(ステッカー)にしてお届けします。

鬼に金棒ワッペン[赤鬼]金棒2本下へ

ワンパクな赤鬼刺繍デザイン

真っ赤な顔の赤鬼。髪はグリーンのくるくる渦巻き。ワンパクな赤鬼を刺繍デザインしました。イタズラ好きそうなワンパク赤鬼。金棒を一緒にセットでお届け致します。
【セット内容】赤鬼⑴+金棒⑴

赤鬼デザインの回りをカットし、取り付けるアイテムに馴染みやすく加工しました。背面を[シール+アイロン加工両用]加工しましたので、粘着力の強いシール加工のワッペンでお届け致します。

背面加工:[シール+アイロン加工両用]

ステッカーとして ワッペンとしても使用出来ます。

鬼に金棒ワッペン[赤鬼]背面加工

シールの台紙を剥がすだけ

商品が届いたら、「ペロリ」とシールの台紙を剥がすだけ。ペタペタ貼れるステッカーシールとして使用。
ワッペンとして使用するなら、付けたい生地へシールで接着。(仮留め無しで位置を決められます。)当て布をしてアイロンの熱を加えれば、しっかりと布製品へ接着させる事が出来ます。

アイテムへの使用例

鬼のパンツ完成:[赤鬼]

鬼に金棒ワッペン[赤鬼]あったかパンツ

あたたかパンツへ

なつかしいイタリアの歌曲が原曲の童謡、コミックソングを思い出してこんなアレンジをしてみました。勿論 Tシャツやバックに付けても良い感じに仕上がりそうです。

ガラスの瓶へ:赤鬼と金棒

鬼に金棒ワッペン[赤鬼]瓶へ貼る

ガラスやプラスチック製へも

背面はシールなので、文具などの紙は勿論、ガラスやプラスチックにも貼り付けられます。刺繍シールワッペンはステッカーシールの様にも使用出来るのです。
遊び心が広がり、アレンジも楽に出来ます。刺繍の厚みはありますが、紙と違う立体感と高級感を味わえます。指で触った際の糸の表現もまた刺繍を楽しむ一つです。
赤鬼のくりくり頭と同じ色の金棒でお届け致します。

鬼と金棒刺繍ワッペン:セット内容

鬼と金棒ペア1組でお届け致します!!

鬼に金棒ワッペン[赤鬼]金棒ミックス
鬼に金棒ワッペン金棒A/B

赤鬼と金棒セット

赤鬼(1顔)+金棒(1本)=¥950(2枚1組ペア)
金棒は赤鬼の髪色と同じ色でセットとなります。(隣のピンクは青鬼とセットになる金棒です。)赤鬼→グリーン金棒/青鬼→ピンク金棒

鬼の集合写真

鬼に金棒ワッペン[青鬼・赤鬼]大集合

赤鬼・青鬼/金棒セット

【鬼に金棒刺繍ワッペン】シリーズは、ワンパクなイタズラ好き『赤鬼』とやせっぽっちで几帳面な『青鬼』の2種類です。金棒は髪の色でセットになります。並べたり、お揃いにしたり楽しんで使えそうな楽しい鬼のワッペンをお届け致します。

【使用上の注意】
<シール接着使用の場合>
・接着部分のゴミや埃を取り除いてから接着して下さい。
・強粘シールを使用していますが、永久的ではありません。
・長時間付けたままにしてますと、シールが接着部分に付着する場合がございます。
・ガラスやプラスチック製の物にも接着出来ますが、接着剤ではございませんので、永久 的ではございません。時間と共に接着剤は弱くなります。
<布製品・アイロン接着使用の場合>
・付けたい布生地の場所を決めて接着させたい位置へ置きます。
・ワッペンの上へ当て布(綿100%)をして、アイロンを上から押し当てます。(ドライ150℃~180℃)付ける生地によって設定温度は変わります。生地に合わせて温度を設定して下さい。(ナイロンなど熱に弱い生地は低温にて、時間をかけて接着して下さい。)
・表面、約20秒~30秒押し当てます。続けて裏面から同じようにアイロンを当てます。
これを2回繰り返します。接着面を確認し、接着が弱いようでしたら、再度アイロンで熱を加える事を繰り返して下さい。
・アイロン接着は永久では有りません。長く付けたままお使いになる場合は、まわりを糸で縫い付けて下さい。

鬼に金棒 刺繍ワッペン[赤鬼]ペアの商品データ

サイズW50mm×H49mm(A)/W21mm×H54mm(B)
生地フェルト:ポリエステル100%
運針数8569針(A)/2205針(B)
種類